FC2ブログ

2018-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『BOB』初日(4月27日19時)観覧!【最後にネタバレ含みます】 - 2012.04.29 Sun

4月27日から東京グローブ座で上演されている
関ジャニ∞の丸山隆平さん主演の3人舞台『BOB』
なんとなんと、初日観覧してきちゃいましたー!!!!

今回はファンクラブでの申し込みはなく、抽選予約のみだし
マルちゃんの人気もぐんぐん上昇してるので、取れるかとても不安でした…

だからチケット取れたときはめっちゃ嬉しかった!!!!
神様ありがとうございますっ


お話のあらすじとしては、周囲もあきれるほどのバカップルだった2人のその後は?というお話。

売れないお笑い芸人バンビーズのボケ担当・田畑春彦(丸山隆平)とその妻・夏美(平愛梨)。
結婚当初は周囲もあきれるほどのラブラブバカップルだった2人だけど、
結婚5年目を迎えた今はお互いへの不満をぶつけ合い、ケンカばかり。

春彦の相方・健太(片桐仁)が心配する中、ついに2人は離婚を決意。
しかしその夜、夏美が交通事故に遭ってしまい病院に駆けつけるとそこには・・・


というところまではいろんな媒体でネタバレしてると思います。
ここから先のネタバレは最後の方に書きますので、読みたい方はどうぞ~

なるほど、こういう展開の話なのね・・・といった感じ。
マルちゃんが何度も忠告してた通り、ネタバレしてない方が断然楽しめます。


予想通り女性客が多かったけど、ぜひ男性にも観てもらいたい作品だなって思いました。


それにしても、
片桐さんカッコイイし愛梨ちゃん可愛いし、マルちゃんは相変わらず愛おしくって

マルちゃんは今回2度目の舞台ということもあってか、なんだか堂々としてて頼もしかったです
前回の『ギルバート・グレイプ』では観られなかったいろんな表情も見ることができました。
お笑い芸人役というのも相まって…なのかな?

初日当日は朝から雨模様だったので、もしかしたらマルちゃんのことだから
挨拶のときに『お足元が悪い中…』とか言うかもなぁなんて思っていたら
やっぱり言ってくれましたその直後、噛んでたけど

マルちゃんはやっぱり私のとって最高に面白い人で、可愛くて…本当に大好きです

愛梨ちゃんは、もう可愛い!声も可愛い!!何もかも可愛すぎる!!!
途中『私も同じ人間なんだよねぇ…』と、自らの有様を省みてしまいました

この『BOB』が初舞台ということだったのですが、初と思えないくらい堂々としてました!さすが女優さん
役に入り込むタイプの愛梨ちゃん、途中涙を拭いながら裏にはける姿が・・・
最後の挨拶のときもマルちゃんに『泣くなよ~っ』って言われちゃうほどで。
その涙が役に感情移入しすぎての涙なのか、安堵なのか、嬉しい気持ちなのか…
全公演終えたとき、聞かせてほしいなぁ。

『BOB』を通して舞台の良さを知って、これからも舞台のお仕事がしたい!って
思ってくれたら、お姉さん嬉しいなぁ(何目線だ)

片桐さんはクイズショウだったりSPだったり
某国営放送でもお見かけしてたのですが、こんなにガッツリ観たのは初めてかも…
今回はぱっと出て来た瞬間からカッコイイオーラを感じちゃいました。

片桐さんが居てくれたからこそ円滑にお話が進んでいった感じがします。
マルちゃんとの息もまぁピッタリで!バンビーズのファンクラブ、あったら入会希望しちゃいますよ
これから39回(初日以降の公演数)、2人をよろしくお願いいたしますっ


そしてそして、西田征史さんを始め『BOB』に関わっている全ての方々に…
素敵な作品を作ってくださってありがとうございます!
千秋楽まで無事に、そして観ている側も演じる側も楽しく幕を閉じれますように!





↓↓ここからネタバレ含む感想↓↓

















最初から春彦と夏美のケンカのシーンから始まるのですが、
とにかく愛梨ちゃんが声を張り上げててパワフル!そしてマルちゃんも負けじとパワフル!
お芝居とはいえ観ていて胸が痛かった~

途中、春彦の顔がセ・リーグかパ・リーグ、っていう悪口の台詞があったんですけど
野球に詳しくないのでポカンとしちゃって
『If or・・・Ⅳ』でのヒナちゃんのサッカー話の時もポカンとしてたクチです

で、その後夏美が交通事故により、結婚当初からの今までの記憶をなくしてしまい(これはありがちですね)
離婚同意した春彦もそれをいいことに、夏美とやり直したいとハイテンション!なラブラブバカップルに戻るわけです。
すごい息ピッタリで、これも観ていて違う意味で胸が痛かった…(笑)。

しかし、バカップルってなんなんですかねぇ?
某新番組の一般カップルのおノロケ番組を観た後だと、夏美と春彦の場合は可愛いもんだと思います

夏美『春ぴこぴこ~♪』
春彦『ぼえ~♪』(僕のエンジェル、略して【ぼえ】なんだそう)とか…

とにかくこっちもハイテンションだからものすごくパワフル!
正直、観ていてちょっと疲れました(笑)。
でも演じる側はもっと疲れるだろうなぁ、なんて思ってみたり。前半から相当なエネルギー消費ですよ!


で、場面が変わって出て来たのが編集者夫婦の品川秋彦(丸山隆平)とその妻・冬美(平愛梨)。
そして秋彦の友人であり、作家の神田仙太郎(片桐仁)。

別々の出版社に勤める秋彦と冬美は、すでに別居をしている離婚間近のカップル。それを心配する仙太郎。
2人の話を元に春彦と夏美の物語を書き、2人を招きそれを読ませているシーンに切り替わります。

そう、春彦と秋彦、夏美と冬美、健太と仙太郎がリンクしているわけです。

そうして互いの物語を行き来しながら、夏美がなくした記憶を取り戻したいと思い始めるところに進んでいきます。

そして実は離婚届けを出す寸前だったこと、そして夏美の携帯に知らない男の人の番号があることが分かり…
そこで仙太郎はこの物語の結末を、秋彦と冬美それぞれに問います。

2人は全く違う結末を出し、冬美は秋彦に別れを告げてこちらの物語は終わります。

一方、春彦と夏美は2人でやり直していくことを決意します。
そして実は夏美が秋彦たちの物語を小説として書いていた、という展開で幕を閉じます。



で、最後には結局どっちが現実なんだろう?と今でも悩んでおります
やっぱり夏美たちが現実なんだろうけれど、仙太郎が後日談として書いた、といっても不思議ではないし…

でもハッピーエンドの方がいいので、やっぱり夏美たちが現実ってことで!



それにしても終盤の、夏美の台詞。
『私の良いところも悪いところも、あなた以上に分かってくれてる人なんていないよ…!』

私もそんなこと言える人に出会いたいよ~!!

よく、結婚は我慢だ。と聞きますが…我慢するのでなく、その違いを楽しんでいけたらいいなぁ。
でも実際は難しいんだろうなぁ~!どうですかね?
ちなみに愛梨ちゃんがはけるときに涙拭ってたとこはこのシーンからですね。気持ち、分かる…


それと春彦や秋彦が、実はやり直したいって思ってるとこがすごく女々しいな~って感じました(笑)。
あとね、小さい!!

春彦たちは夏美が子供産めないことから、
秋彦たちは冬美との子供の血液型がO型(秋彦はBB・冬美はBO)だから本当に自分の子かと疑ってから、
ギクシャクし始めてしまったそうなんですが…はっきりいって小さいよ!!
なんだよそれ、ってなるよ!!女としてはがっかりしちゃうよねぇ…

それに比べて冬美の、スパンと決めてもう振り返らない潔さ!女性はこういうとこあるよね、強いよねって共感したり…
なんかこういうのって、男女間のやり取りならではの感じだなって思います。
まぁ人それぞれだとは思いますが…結婚絡んでいると、やはりそれは色濃く出るものなんですかね?

こういった意味では、男性にも観て何かを感じてほしいって思いました。


あと主人公たちの苗字、田畑(田端)、品川、大塚、神田・・・って、山手線からとったのかな?



また観に行くのでその時々、また感じるものが違うかも知れません。
ちょっと時間経ってるし記憶あやふやだったらすみません!



そうそう、題名『BOB』の謎について。
春彦と夏美が劇中で、言葉を全て濁点をつけて読むと強そうに聴こえるよね!っていう遊びをするんですが、
それを春彦のバイト・保父さんにかけて、まんま『ボブ』なんだそうで…

分かるか!!!!って感じですよね(笑)。
最後までホント、笑わせていただきました♪

スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

hachiko

Author:hachiko
カメラ&ブログ初心者
相棒はLUMIX GF2

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
その他 (1)
大好き! (0)
旅行記 (6)
関ジャニ∞ (1)
V6 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。